不登校新聞

333号(2012.3.1)

声「玄有さんを取材して」

2013年07月30日 15:43 by kito-shin


 震災前の1月、それまで仏教の勉強を細々としていた私は「諸行無常を和語で言うと『なりゆきを生きる』」という玄侑宗久さん言葉に、まるで大河のなかで全身を包まれるような気持ちになりました。夢中で玄侑さんの本を求めました。人は幸せになっていい、幸せは人それぞれいろいろあっていいし、よし悪しではなくそのままでいい。そしてキレイでないものも愛おしい。読むほどにそう言われる気がして、迷いながらも決然と生きる主体性こそ自由なのだといま感じています。

 実家は雑貨屋商店で私が小学校のときに創立100周年を迎えました。中学1年の夏、父から「自分は自分であって自分ではないと思いなさい」と言われました。兄弟姉妹のいない私には跡継ぎ以外の道はないぞという意味です。

 高校生のころには「自分の子どもに同じ言葉は絶対言わないし言わせない」と思っていました。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...