記事タイトル一覧

声「余裕のない学校」

記事テーマ:親の思い

先日、家の前で娘の学校の教頭先生にばったり会い話しかけられた。 「お願いがあるのですが、お子さんがこのままの状態であれば、民生委員か児童相談所に連絡することになるかもしれません」と尋ねてきた...

kito-shin kito-shin

第6回「同じ目線で考えてもらえる喜び」

記事テーマ:連載

連載「"自閉症スペクトラム”から見える世界」  私には理想のオトナ像がありました。ささいなことにジタバタせず、感情のコントロールができて、情緒的に安定していて、理不尽なことを言わない、無責任な...

kito-shin kito-shin

バイトを穏便に辞める方法

記事テーマ:当事者の声

いつでも辞められる安心感を  バイト辞めたい……。誰しもが一度は口にしたこと、もしくは友人がダルそうに話すのを聞いたことがあるだろう。しかし本気で辞めたくなったとき、どうやってバイト先に伝えれ...

kito-shin kito-shin

『震災支援』私たちにできること 第5回

記事テーマ:連載

今回は東京シューレの子どもたちと2度にわたって被災地支援に出かけたときのことを述べたい。  子どもたちと向かった被災地支援の1度目は9月3~4日に宮城県岩沼市で開催された「みやぎ手をつなぐ夏祭...

kito-shin kito-shin

声「切実に思うのは」

記事テーマ:当事者の声

私は小学生のころから、いじめられがちで、中学2年生のときに不登校になり、そのまま10年間、自室にてひきこもりました。10年後、入院というかたちで「完全ひきこもり」からは脱出できました。ですがそこ...

kito-shin kito-shin

不登校の歴史 第330回

記事テーマ:連載

いじめ・いじめ自殺の背景  これまで見てきたように、2006年の秋は日本のあちこちでいじめ・いじめ自殺が噴出したのだがその背景には何があったのだろうか。  これは、日本の教育に対する子どもた...

kito-shin kito-shin

かがり火

記事テーマ:連載

「鈴と、小鳥と、それから私/みんなちがって、みんないい」。この詩で知られる作者「金子みすず」の世界にふれたくて、正月休み、郷里広島の隣県の山口県長門市の仙崎を訪ねた。  仙崎には昔懐かしい家並...

kito-shin kito-shin

ひといき

記事テーマ:ひといき

「一年もあっというまだね」。年末に右往左往する大人の決まり文句である。私もついつい会話に織り込んでしまう歳になった。

kito-shin kito-shin

講演会「“笑顔ですごすために”」

記事テーマ:集会情報

1月29日、講演会「不登校・ひきこもり~笑顔ですごすために」が長野市ふれあい福祉センターにて開催される。主催は長野県で活動する親の会「ブルースカイ(登校拒否を考える親と子の会)」。  「ブルースカイ」は今年で設立22年目を迎える親の会。例会を毎月開き、学習会や講演会も開催するなか、多くの親子が元気に巣立っていった。その一方、親の会に最近関わり始めた親が抱える苦悩の中身が「じつは会設立当初とあまり変わっていない」と、同会の谷本徹子さんは語る。

kito-shin kito-shin

親の会情報

記事テーマ:集会情報

第3月曜日(16日)■ふきのとうの会例会(奈良)連絡先 0742-48-8552(大谷)■ほっとタイム(親の会in藤井寺)(大阪)連絡先 072-938-7141(里中・夜)■未来の会(恵庭市)連絡先 0123-33-4663(近藤)*第4金曜にも開催 第3火曜日(17日)■アトリエ・ゆう(埼玉)連絡先 048-658-2552(火・水・木・土曜日/13時~16時)*第4火曜にも開催 第3水曜日(18日)■宇宙船(不登校から学ぶ会)例会(神奈川)連絡先 045-894-3670(...

kito-shin kito-shin

information

記事テーマ:集会情報

15日(日)■講演会「今、『不登校』の子どもとどう関わるか会 場 越谷らるご(埼玉)時 間 午後1時半~午後4時半講 師 内田良子さん(心理カウンセラー)参加費 一般1200円、会員1000円、学生・子ども500円主 催 越谷らるご連絡先 048-970-8881 21日(土)■講座「子どもの育ちを大切にするために」会 場 鹿児島県教職員互助組合会館(鹿児島)時 間 午後1時~午後4時講 師 坂口明夫さん(大牟田市あまぎやま家庭子ども支援センター)、重永侑紀さん(CAPセンター・JAP...

kito-shin kito-shin

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...