不登校新聞

330号(2012.1.15)

声「切実に思うのは」

2014年03月03日 12:24 by kito-shin
 

私は小学生のころから、いじめられがちで、中学2年生のときに不登校になり、そのまま10年間、自室にてひきこもりました。10年後、入院というかたちで「完全ひきこもり」からは脱出できました。ですがそこから30歳までの約7年間、「社会的ひきこもり」の生活を送り、そして通信制高校に通うようになりました。病状に関してはそうとうに悪かった時期もあり、現在ではだいぶよくはなりましたが、病状を抱え(ほかの生きづらさも抱え)、アルバイトをしたり通信制大学で勉強をしたりと日々を生活しています。

 こんなことを書くと読まれた方は、「がんばったんだね」とか「ひきこもりの星」とか、お思いになる方がいるかもしれませんね。ですが実際のところはみっともないくらい屈折している心境(気持ちの状況という意味で)での現在の歩みです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

大量の課題、突然始まったいじめ。今だから話せる一斉休校の影響

558号 2021/7/15

こぼれた「明日、学校へ行きたくない」の言葉。14歳の心の底とは

558号 2021/7/15

親の対応で救われたこと、傷ついたこと。現役大学生が語る不登校

556号 2021/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

558号 2021/7/15

コロナ禍で不登校が増えていると言われています。1年以上に及ぶ子どもたちはコ...

557号 2021/7/1

俳優やモデルとして活躍するゆうたろうさん。不登校だった際に苦しかったことや...

556号 2021/6/15

中学と高校で不登校をした現役大学生2名ののシンポジウム抄録を掲載します(主...