不登校新聞

330号(2012.1.15)

声「切実に思うのは」

2014年03月03日 12:24 by kito-shin
 

私は小学生のころから、いじめられがちで、中学2年生のときに不登校になり、そのまま10年間、自室にてひきこもりました。10年後、入院というかたちで「完全ひきこもり」からは脱出できました。ですがそこから30歳までの約7年間、「社会的ひきこもり」の生活を送り、そして通信制高校に通うようになりました。病状に関してはそうとうに悪かった時期もあり、現在ではだいぶよくはなりましたが、病状を抱え(ほかの生きづらさも抱え)、アルバイトをしたり通信制大学で勉強をしたりと日々を生活しています。

 こんなことを書くと読まれた方は、「がんばったんだね」とか「ひきこもりの星」とか、お思いになる方がいるかもしれませんね。ですが実際のところはみっともないくらい屈折している心境(気持ちの状況という意味で)での現在の歩みです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...