周囲の子から、SOSも

 大津いじめ自殺の調査報告書によれば、9月8日、グラウンドで綱引きの順番を待っているあいだ、加害少年Bは少年の首を後ろから締め上げて倒しているところが目撃されている。 以降、少年は毎日のように暴力を受ける。一番よく見られたのがプロレスごっこだったそうだ。馬乗りになられる、足払いをされる……、1986年に亡くなった鹿川裕史くんも、よくプロレスごっこをさせられ「サンドバッグ状態だった」と生徒が供述しているが、同様の状態だったのかもしれない。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。