連載「孫の不登校」


 19歳になるお孫さんが「高2で中退して以来、ほとんど家にいるのだが、床屋に行ってくれないので悩んでいる」という相談がありました。
 
 去年あたりから、リビングに降りてくるようになり、自然に食事もいっしょにできるようになったが、祖母としての心配は、髪はボウボウ、ひげもボウボウの姿を見て、情けなくて食事ものどを通らないそうです。一度「床屋にでも行ってみる?」と声をかけたが、チラッとにらんで黙ったまま、その後もコンビニには行くけれど、床屋にはいかない。「どうしたら床屋に行ってくれるだろう」と悩んでおられました。

 



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。