不登校新聞

359号(2013.4.1)

大津中2いじめ自殺 第3回

2013年08月07日 14:15 by shiko
 
 
 2011年9月25日、少年はC(関係性は明らかにされていない者)の家に宿泊し、その日の朝、Cのつくった朝食を食べながら「こんなにおいしい朝ごはんは食べたことがない」と何度も言った。昼食後、ソファーに座り、Cの首に抱きつき、泣きじゃくりながら「暗くて静かな山のなかに行って死にたい」と話した。Cは「つらいことがあったのか」と聞いたが、少年が答えないため「家で?」「学校で?」と聞き、「学校で?」と問いかけたところで少年は首を縦に振った。しかし、なにがあったのかは話さなかった。Cは「そんなにつらかったら学校は行かなくていい」と言い、その日の夜、帰宅した少年にあらためて電話している。少年はこのあと、家を出て近くのマンション内のソファーで一夜を明かした。

 この日、以前のなにがポイントになり、少年は「死」を口にしたのか。思い当たることが多すぎて、ポイントがわからないというのが本音だが、この後のいじめの激化を少年は予期していたかのようだった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...