不登校新聞

359号(2013.4.1)

第6回「脱社会のスパイラル」

2014年02月13日 15:39 by kito-shin



◎連載「ひきこもるキモチ」

 ひきこもってるときは、社会というのは自分を苦しめる残酷な外界だと思っていた。

 小中高と、ふつうの人に対してはロクな思い出はなかった。ふつうの人は、言うことがいい加減で、集団心理によっていくらでも残酷になる。すぐ集団内の序列を競いあい始めるし、その副産物としていじめが生まれる。こんな人たちが社会に出ても存在するなんて絶望的だなと思っていたが、現実は想定内で、大人になったときには社会というものがきらいになっていた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...