2011年10月11日、大津市の中学2年生の男子生徒(当時14歳)が、いじめを苦に飛び降り自殺に至った事件。男子生徒は、複数人の生徒から、休み時間のたびに一方的に殴られる、馬乗りになられてペンで顔に落書きされる、毎日のようにズボンを膝まで下ろされるなどのいじめを受けていた。男子生徒が自殺する前から、他の生徒は担任や他の教員にいじめが起きていることを報告。自殺直後も、学校側に直訴していじめの実態を報告した。しかし学校側は消極的に対応。事件後、遺族の懇願によって実施した校内アンケートを破棄するなど、事実の隠ぺいも図った。これらの事実は男子生徒が自殺した1年後に遺族側の代理人より明らかにされ、社会的にクローズアップされた。