不登校新聞

205号 2006.11.1

かがり火 多田元

2015年12月16日 12:12 by 匿名

 北海道・九州と北から南まで学校でのいじめに苦しむ子どもの自殺が表面化した。そこであきらかになったのは、いじめがあってはならないと建前看板の裏でいじめ隠し、いじめの温床づくりをしている大人たちの姿ではないか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

548号 2021/2/15

森の喫茶店 第548号

548号 2021/2/15

森の喫茶店 第547号

547号 2021/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...