不登校新聞

205号 2006.11.1

性同一性障害とアスペルガーを抱えて 当事者インタビュー

2015年12月21日 12:45 by nakajima_


 今回は、アスペルガー障害と性同一性障害という2つの障害を抱える方のインタビューを掲載する。家庭や学校のなかで感じた疎外感や息苦しさを踏まえ、今取り組まれている絵本づくりと、どうつながっているのか、うかがった。

――アスペルガー障害(注1)と診断され、どう思われましたか?
 「まちがいないだろうな」と率直に思いましたね。幼少のころから、僕の話が家族にも先生にも通じないんですから。たとえば、僕は「記憶」というものに関して非常に敏感というか。ちょっとしたことでも、まるで風景を写真で撮るように、はっきりと記憶してしまうことがあるんです。だから、学校から帰ってきて部屋のようすが変わっていると、すぐ気づくんですよ。本棚の本の向きが変わってるとか、そういう小さなことなんですけどね。

 なので、親に言っても、理解してもらえないんです。算数も苦手でした。計算をする場合、式が映像として頭に入ってきて、フッと答えが出てくるんです。でも、先生には「こういうやり方は教えていない」と言われてしまうから、算数がきらいになった。3年前、きちんと発達障害であるという診断を受けた直後は、「ほら、僕が言ってた通りじゃないか」って親に怒りをおぼえましたね(笑)。

――学校との関係は?
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめられていた私にとって「逃げていい」が嬉しくない理由

510号 2019/7/15

不登校の子どもにも権利がある、10年間訴え続けた私が思うこと

510号 2019/7/15

不登校によって消えていった、私の「ごた」を取り戻すまで

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...