不登校新聞

205号 2006.11.1

”当事者視点の精神医療を”

2015年12月21日 12:05 by nakajima_
 06年10月20日、都内にて「子ども・若者と精神医療の今~不登校・ひきこもり・軽度発達障害をめぐって~」(子どもの人権と精神医療を考える市民の会)が開かれ、70名が参加した。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いま不登校支援のあり方が変わる、文科省が新しい通知を発表

518号 2019/11/15

公的資金などを求め「東京都フリースクール等ネットワーク」設立

518号 2019/11/15

不登校は過去最多16万人、統計史上2番目に多い増加

517号 2019/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...