不登校新聞

204号 2006.10.15

我が家の場合「私も親の会を始めました」

2015年12月16日 14:59 by nakajima_
 
 2年前、中2で学校に行くことをやめた息子は、フリースクールへ行くことを選択し、今は自分の成長を確認しながら、フリースクールに通いバイトに励み、ゆったりとしたいい時間を家族と過ごしています。

 息子が不登校になったころ、私は世間がどうであれ「非難の眼差しからは息子を守りたい」と肩に力を入れて思っていたようです。でも、幸せなことに、信頼できる方々に私の気持ちを何度となく聞いてもらえる機会に恵まれました。徐々に肩の力も抜け、「こう思う、こうしたい、と選択をしていけばいい」と少しずつ思えるようになりました。話すことで閉塞感・孤独感から抜け出せ、人に共感してもらえることで、自分の気持ちに素直な道が見えてくるんですよね。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者の声「手紙って」

192号(2006.4.15)

読者の声「頭が痛い父親問題」

192号(2006.4.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...