不登校新聞

204号 2006.10.15

起立性調節障害診断ガイドライン

2015年12月16日 14:50 by 匿名
  朝起きられない、全身がだるいなどの「起立性調節障害」に対して、日本小児心身医学会は診断・治療ガイドラインをまとめた。ガイドラインによると、「起立性調節障害」は小児科を受診する中学生の約2割程度を占め、同障害の子どもの約半数が不登校を伴うため、適切な対応が必要だと訴えかけている。同ガイドラインをまとめたのは、大阪医科大の田中英高・助教授らで、日本小児心身医学会の会員へガイドラインの配布が予定されている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

小学生のいじめが減少傾向に。国立教育政策研究所

563号 2021/10/1

通信制高校の生徒数が3年連続で過去最多を更新【文科省速報】

562号 2021/9/15

不登校新聞からの緊急アピール 「行きたくない」は命のSOS

561号 2021/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

564号 2021/10/15

不登校になったら勉強はどうするのか。学校との付き合い方はどうするのか。周囲...

563号 2021/10/1

理由も言わずに「学校へ行きたくない」と伝えた小学校4年生当時。中学校1年生...

562号 2021/9/15

3人のホームエデュケーションで育ててきた原田雅代さんにお話を伺ってきました...