不登校新聞

204号 2006.10.15

起立性調節障害診断ガイドライン

2015年12月16日 14:50 by nakajima_
  朝起きられない、全身がだるいなどの「起立性調節障害」に対して、日本小児心身医学会は診断・治療ガイドラインをまとめた。ガイドラインによると、「起立性調節障害」は小児科を受診する中学生の約2割程度を占め、同障害の子どもの約半数が不登校を伴うため、適切な対応が必要だと訴えかけている。同ガイドラインをまとめたのは、大阪医科大の田中英高・助教授らで、日本小児心身医学会の会員へガイドラインの配布が予定されている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の子が通う学校外の公的な場、半数の自治体は「設置しない」意向

510号 2019/7/15

出席認定は学校ごとにばらつき、フリースクール通学に格差

509号 2019/7/1

教育機会確保法から2年、行政と民間が連携しない理由

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...

511号 2019/8/1

今も母親との関係に悩みを抱える元アナウンサー・小島慶子さん。同様の悩みを持...

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...