不登校新聞

204号 2006.10.15

起立性調節障害診断ガイドライン

2015年12月16日 14:50 by 匿名
  朝起きられない、全身がだるいなどの「起立性調節障害」に対して、日本小児心身医学会は診断・治療ガイドラインをまとめた。ガイドラインによると、「起立性調節障害」は小児科を受診する中学生の約2割程度を占め、同障害の子どもの約半数が不登校を伴うため、適切な対応が必要だと訴えかけている。同ガイドラインをまとめたのは、大阪医科大の田中英高・助教授らで、日本小児心身医学会の会員へガイドラインの配布が予定されている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「ゲーム規制条例」の廃止を求めた声明を県議会が全面否定

532号 2020/6/15

「コロナが不安」校長判断で欠席扱いせず

532号 2020/6/15

現役ひきこもり940名に調査、浮かび上がる生きづらさ

528号 2020/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...