不登校新聞

301号(2010.11.1)

子ども若者編集部 活動発表会を開催

2013年06月10日 15:59 by kito-shin


 怒濤のごとき2010年。そう断言できるほど、今年の子ども若者編集部の活動は充実していた。まず助成金で会議や取材の参加費をまかなえるようになったことで、編集部員が増えた。しだいにそれは活動の熱にもつながっていった。
 
 2月、各々のやりたい企画を軸にプロジェクトチームをつくりながらすすめていると成果はすぐに出てきた。西原理恵子さん(マンガ家)、山田五郎さん(評論家)をはじめ、ちばてつやさん(マンガ家)、リリー・フランキーさん(イラストレーター)など、各界の第一線で活躍されている方々へのインタビューアポが立て続けに取れたのだ。そうした1年を編集部員の発表を中心にふり返るべく、子ども若者編集部では12月4日、活動発表会「Fonte Award2010」を行なう。
 
 活動発表会は大きくわけて2部構成。第1部では、今年の取材で子ども若者編集部をもっとも虜にした「日本ロマンチスト協会」の事務局長・浪房克典さんを講師に招いての講演会を行なう。「日本ロマンチスト」協会は「もっとも身近なパートナーとの持続可能な関係づくり」をモットーに、さまざまなイベントを通じて愛(=ロマンス)を伝道しているという、何とも愛に満ちあふれた協会なのだ。せちがらい出来事が多い昨今、愛の伝道師の話を聴いて、みんなでほっこりしたいではないか。

 孔雀に始まり、孔雀に終わる

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

小6の私の心に突き刺さったのは、担任からの思いがけない言葉

552号 2021/4/15

他人の目を恐れてた中学生の自分に28歳になった今伝えたいこと

552号 2021/4/15

期待を抱いていた中学校生活で私を待ち受けていたのは

551号 2021/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...