不登校新聞

445号 2016/11/1

早く働きかけるほど、早く学校復帰する?

2016年10月28日 17:24 by koguma


 「担任による家庭訪問」「クラスメートからの手紙」「親との同伴登校」など、子どもが学校に戻るように少しずつ働きかけることを「登校圧力」と言います。不登校の子どもへの取材を10年以上続けてきましたが、「僕が学校に行くようになったのは、まわりからの働きかけがあったから」と、笑顔で語ってくれる子どもに出会った試しがありません。
 
 「登校圧力」は、親にこそ響いてしまうキーワードです。親にとっての最難関と言えば「無理して学校に行かなくていい」と心の底から思うことではないでしょうか。でも、最初からそんなふうに考えられる人はほとんどいません。ベテランお母さんのなかにも「本当にそう思えるようになるまで3年ぐらいかかったわ」という方もいます。
 
 なぜ、「登校圧力」は親の気持ちに響くのか。理由の一つとして、「早期対応がいいとされる風潮」が挙げられます。専門家のなかにも、「早く対応すればするほど、学校に戻るのも早くなりますよ」というアドバイスをする方がいます。そう言われると、ただでさえ焦っている親の気持ちをチクチクとつつかれているようで、より焦ってしまいます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...