不登校新聞

445号 2016/11/1

当事者手記 朝が苦手で悩んでます

2017年08月21日 14:24 by kito-shin


 僕は朝が苦手です。夜中まで起きているから朝起きられない、のではありません。いつも午前0時ごろには寝ています。睡眠時間はきちんと取っているのに、朝になると起きられないんです。
 
 思えば昔から、僕は睡眠に悩まされてきました。小学校では家庭環境にストレスを抱えていたこともあって、寝不足のまま倒れそうになりながら学校に通っていました。中学校ではテストや運動会の練習がイヤだったこともあり、入学半年後にうつ状態になり不登校になりました。医師から、さまざまな活動にドクターストップをかけられていましたが、剣道だけは例外的に認められ、地元の剣友会に通い始め、剣道の稽古だけは参加していました。しかし、道場に行く前に一寝入りする、帰ってきてすぐ眠る、というところからはじまって、しだいに剣道着に着替えたあとで玄関で横になるようになり、ついに朝の稽古に行けなくなりました。
 

貴重な機会を寝坊でふいに

 
 18歳のときにフリースクールに入るのですが、それからも朝起きられないせいで、貴重な機会に参加できないことがたびたびありました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

偏差値37から大学へ 実体験から考える不登校からの勉強で大事なこと

580号 2022/6/15

「学校は毎日通わなければ」と思っていた私が自分のペースで学校と付き合えるようになるまで

580号 2022/6/15

映像会社で働く僕が不登校経験を「こんなもん」と思えた理由

579号 2022/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...