不登校新聞

455号 2017/4/1

親の期待に応えることが親の恩に報いること?

2017年03月31日 16:19 by kito-shin


 彼岸の入りを前にして母を亡くした。私の子ども時代、学校に行かない時期をもっとも心配してくれ、苦労をかけたのが母であった。

 母親になるということは、まず乳飲み子である赤子を大切に育てる大きな役割がある。看護師という仕事を持ちながらよく育ててくれたと感謝の気持ちでいっぱいになる。今となってはもう恩返しもできなくなってしまった。

 「親の恩は代々送りになるからあえて返そうとしなくてもいい」と言う宗教家もいるが、やはり彼岸などにお墓参りをすると、考えさせられたりもする。子どもはその親の姿を見ながら、また自分自身も親への見送り方を考えていかざるを得ない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもをまんなかに(中)

189号(2006.3.1)

「まだ言葉にできない宝物」不登校の子を持つ父親コラム

189号(2006.3.1)

世界王者・秋元正行が語る、ルービックキューブの魅力

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...