不登校新聞

455号 2017/4/1

親の期待に応えることが親の恩に報いること?

2017年03月31日 16:19 by kito-shin


 彼岸の入りを前にして母を亡くした。私の子ども時代、学校に行かない時期をもっとも心配してくれ、苦労をかけたのが母であった。

 母親になるということは、まず乳飲み子である赤子を大切に育てる大きな役割がある。看護師という仕事を持ちながらよく育ててくれたと感謝の気持ちでいっぱいになる。今となってはもう恩返しもできなくなってしまった。

 「親の恩は代々送りになるからあえて返そうとしなくてもいい」と言う宗教家もいるが、やはり彼岸などにお墓参りをすると、考えさせられたりもする。子どもはその親の姿を見ながら、また自分自身も親への見送り方を考えていかざるを得ない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの自傷行為に悩む親に読んでもらいたい一冊

510号 2019/7/15

学校復帰が前提ではないけれど 不登校の歴史vol.510

510号 2019/7/15

弁護士・津田玄児さんを偲んで

510号 2019/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...