不登校新聞

457号 2017/5/1

被災児童、転校先で温かく迎えることもできず…

2017年04月28日 11:35 by kito-shin


 2011年3月11日の東日本大震災で発生した福島県の原発事故から避難した横浜市の中学1年生が、避難後の小学校時代からいじめを受け、不登校になったことが、昨年11月ようやく子ども本人の発言で明らかになった。

 ばい菌あつかいされ、いじめを話しても学校は信用してくれず、何回も死のうと思ったが「震災でいっぱい死んだから、つらいけど僕は生きると決めた」という彼の手記の言葉には誰しも心が痛む。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...