不登校新聞

498号 2019/1/15

なぜか二男がけん玉をくれました

2019年01月15日 17:11 by kito-shin



 年の初めにどういうわけか二男がけん玉をプレゼントしてくれた。日本けん玉協会の認定競技用けん玉と銘うたれている。

 早速けん玉の歴史を調べたら、日本では大正時代に江草濱次が広め、フランスでは16世紀、王さまが街の子どものけん玉遊びを真似して遊んだという。フランス語ではビル・ボケと呼ぶ。

 さては私のボケ防止のためなのか。妻が試みると、ヒモにつながれた赤い玉がどの皿にも乗れずグルグルふり回されるのがわが身を映すようで切ない。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

協力者会議の最終報告 不登校の歴史vol.508

508号 2019/6/15

暑さ対策に学校は手を打てないものか

508号 2019/6/15

報道される側になって感じたセーフティネット【編集後記】

508号 2019/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...