不登校新聞

189号(2006.3.1)

「子育ては失敗しちゃいけない?」教育ジャーナリストに聞く

2019年03月28日 12:07 by shiko



 今回のインタビューは、教育や子育ての本を多数執筆し、講演活動も行っている、教育ジャーナリストの青木悦さん。子ども時代やジャーナリストになるきっかけ、いまの子育ての状況などについて、お話をうかがった。

* * *

――青木さんはどんな子ども時代をすごされましたか?

 家庭はすごく暗かったです。父は酔うと母に暴力をふるい、止めに入った私もいっしょに殴られました。ただ、学校はすごく楽しくて救われました。私は学校がなければ、つぶれていたかもしれないですね。

 故郷の高知には18歳までいました。小中高と楽しかったんですが、それでも、家庭のつらさを学校にまで引きずりましたね。

 母はすごく世間体を気にする人だったので、暴力を受けていることは学校では絶対に言えませんでした。

 友だちの前ではなにもなかった顔をしているんですが、すると自分が嘘をついているような気持ちになる。「私は学校があるから生きていける」というくらい楽しい反面、嘘をついているというストレスもありました。両方のあいだで自分を責めて苦しかったですね。

 父は幼いときに両親を亡くして、15歳から31歳までずっと軍隊にいました。成長期に軍隊にいたから、戦後、人付き合いがうまくいかず苦労したようです。

 殴ることでしか表現することができず、家族に暴力をふるっていたんだと思います。今ではそう思えますが、もちろん、当時は恐ろしくて仕方がなかったです。

 高校卒業後、とにかく家を出たかったので、大学に入学して東京に出ようと思いました。だけど、家族のことがいつも頭から離れず、大学に入っても「遊学」なんて感じにはとてもなれなかったですね。

 家族をなんとかするために東京でがんばろう、という気持ちでした。

――ジャーナリストになられるきっかけは?

 大学を卒業することになったときに「朝日中学生ウィークリィー」が創刊され、求人募集していたんです。

 大学では文学部だったこともあり、書いて食べる仕事をしたいと思っていましたから、試験を受けて新聞記者になりました。取材で中学校の現場をまわり始めたのが、教育にたずさわるきっかけです。

 ひさしぶりに見た学校は、私の知っている学校とは大きくちがっていました。私が子どものころは、先生も生徒に対して管理的ではなかったし、服装検査やあいさつ運動もなかった。

 絶対的に生徒が主役でした。私の原点である、戦後一時期の自由な学校教育から比べると、管理的で、とても違和感がありました。

 中学生ウィークリーは1年半くらいで退職しました。そのころは会社に組合がなく、仲間と組合運動をはじめたら、女の私にだけ配置転換がきてしまったからです。このときに女性の問題もいやと言うほど思いしらされました。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『ツレがうつになりまして』の作者が苦しんだ自分への否定感

532号 2020/6/15

子どもと学校に尽くしてこそ「母親」というイメージがつらい

530号 2020/5/15

「学校へ行きたくないときは僕にも」坂上忍が不登校の子に語った本音

527号 2020/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...