不登校新聞

189号(2006.3.1)

子どもをまんなかに(中)

2019年03月28日 12:26 by shiko



 私の勤める市では、ほぼ毎日おやつに牛乳があり、クラスにはかならず牛乳が苦手な子がいます。

 「牛乳は身体にいいから」「苦手な人も飲めるようになったほうがいいから」と『この子のためになる』と、保育士はがんばって飲ませようとします。

 牛乳を飲めた子からお菓子をあげるようにして、飲み終わらない苦手な子はいつまでもお菓子がもらえなかったり、ただひたすら「がんばれ」とか、飲めると「えらいね」と声をかけ続けて、飲めるまで近くで見ていることがあります。

 だけど、牛乳といっしょにお菓子を用意すれば、喉がかわいて自分から飲もうとすることもあります。

 コップにたっぷり入った牛乳を見ただけでいやがる子も、コップにほんのちょっとの一口だけを注いですすめてみると「ちょっとだけなら」という気持ちになって、味をためしたり、それをきっかけに飲めるようになったりすることがあるんです。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

552号 2021/4/15

森の喫茶店 第552号

552号 2021/4/15

ひといき

551号 2021/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...