不登校新聞

509号 2019/7/1

やっと将棋を指せるようになりました【編集後記】

2019年06月25日 12:27 by kito-shin

 やっと将棋が指せるようになってきたと喜んでいる。最近は時間を見つければ詰将棋の日々だ。本紙で羽生善治棋士に取材してから将棋を始めたものの、なんだか難しくて放置し続けてきた。

 しかし「将棋ウォーズ」というオンラインアプリを始めることで、対戦機会にも恵まれている。

 このアプリでは、私と同じように将棋初心者の人とも対戦できる。毎晩、初心者どうしで泥仕合をくり広げて、私は雄たけびを上げている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

馳議員の国会質問 不登校の歴史vol.533

533号 2020/7/1

かがり火

533号 2020/7/1

ひといき

533号 2020/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...