不登校新聞

509号 2019/7/1

出席認定は学校ごとにばらつき、フリースクール通学に格差

2019年06月25日 10:55 by kito-shin

 フリースクール等(フリースペースやシュタイナー学園などを含むオルタナティブスクール)126団体とその団体に所属する子どもについての調査が行なわれた(研究代表者・藤根雅之氏/大阪大学)。

 調査結果によって、出席認定をめぐって学校からの対応に格差が生じていることが明らかになった。

 1992年、文科省が通知した不登校対応の方針によって、子どもがフリースクール等に通った日は「学校へ通った日」として認定することが校長裁量で可能になった。

 しかし、フリースクール関係者からは「不登校に否定的な校長などからは出席認定がとりづらい」という声は以前から上がっており、その認定基準が問題視されていた。

出席認定を求めていても

 今回の調査で問題となったのは、①本人や保護者は出席認定を求めており、②同じフリースクールに通っている子は出席を認められているにもかかわらず、③出席認定を受けていない小中学生だ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の子が通う学校外の公的な場、半数の自治体は「設置しない」意向

510号 2019/7/15

教育機会確保法から2年、行政と民間が連携しない理由

509号 2019/7/1

「生きていることが辛い」不登校の中学生にLINEで調査

507号 2019/6/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...