不登校新聞

521号 2020/1/1

転機は「ドラクエ」12年間のひきこもり生活が終わるまで

2019年12月25日 14:21 by kito-shin

 今回執筆したのは、不登校・ひきこもり経験者のToshiさん(30代)。現在、社会人として週4日働くToshiさんは14歳から26歳までのあいだ、ひきこもった経験がある。長いひきこもり期間中、心の支えになったのはゲーム「ドラゴンクエスト」だった。そして、外へ出るきっかけになったのも、「ドラクエ」のゲームミュージックをつくっている作曲家との出会いだった。

* * *

 私は現在、30代後半の不登校・ひきこもり経験者です。14歳のころ、いじめにより中学校を不登校になり、その後、26歳までひきこもりました。

 中学校では、テニスのラケットで殴られるなどの激しいいじめを受けました。しかし殴られることよりつらかったのは、友だちや先生が、私への悪口を信じて私を嫌うようになったことです。

 クラス中が敵になり、おそろしくて学校へ行けなくなりました。そんな私を笑うために、同級生たちは家までのぞきに来て「あいつは学校休んでゲームばかりしている」と言いふらすのです。

 そんな中学生活に、私は人間への信頼というものを失っていきました。高校へは入学したものの他人への恐怖からすぐにやめてしまい、自室にひきこもる日々が続きました。

 他人の目を恐れてカーテンを閉め、もうクリアしてしまってストーリーも進まないゲームをひたすらプレイするだけの日々でした。

 時間はどんどんすぎました。優しかった祖母も亡くなり、私の心は荒れはてていきました。

私の命の支えは

 そんな日々のなかでも、数年に一度、私の一番大好きなゲームである「ドラゴンクエスト」シリーズの発売日には、子どものころ、友だちと遊んだ思い出がよみがえりました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校をしたら行き場がない」と思ってた私が仕事に就くまで

524号 2020/2/15

7年間ひきこもった僕の過去、社会復帰のためには隠すべきなのか

524号 2020/2/15

不登校だった私が思う「親が子どもを待つ」難しさとその意味

523号 2020/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...