不登校新聞

524号 2020/2/15

不登校の人が毎朝、起きる時と起きない時の心境

2020年02月14日 16:56 by kito-shin

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.24

 今回は「朝、起きてこない子に思うこと」をテーマに書いてみたいと思います。いただいた相談は、次のとおりです。

「親として、不登校はしてもいいと覚悟を決めました。でも、最低限、朝は起きてほしい。体力低下や不規則な生活による体調不良などが心配です。どうしたら、朝、起きてくるようになるのでしょうか」。

 まず私が感じたことは、子どもにとってはすごくつらいだろうな、ということです。

 「覚悟を決めた」と言ってますから、それまで長い時間の葛藤が保護者にあったと想像しますが、子どもも学校との関係に悩み続けたのではないでしょうか。

 不登校の子は、自分のなかの「しなければならないが、できない苦しみ」を抱えてしまうことがあります。

 朝、起きるというのは、簡単そうに見えますが、「行かなければ」に押しつぶされそうな子どもにとっては新たな負荷を強いることにもなってしまいます。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの体調不良と不登校の予兆は見た目が同じ。その見分け方は

535号 2020/8/1

不登校を許すのは「過保護」なのか、フリースクール代表の回答

533号 2020/7/1

「不登校はお母さんのせいだ」という子どもの言葉の裏側にある背景

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...