不登校新聞

524号 2020/2/15

不登校の人が毎朝、起きる時と起きない時の心境

2020年02月14日 16:56 by kito-shin

連載「すまいる式 子どものわかり方」vol.24

 今回は「朝、起きてこない子に思うこと」をテーマに書いてみたいと思います。いただいた相談は、次のとおりです。

「親として、不登校はしてもいいと覚悟を決めました。でも、最低限、朝は起きてほしい。体力低下や不規則な生活による体調不良などが心配です。どうしたら、朝、起きてくるようになるのでしょうか」。

 まず私が感じたことは、子どもにとってはすごくつらいだろうな、ということです。

 「覚悟を決めた」と言ってますから、それまで長い時間の葛藤が保護者にあったと想像しますが、子どもも学校との関係に悩み続けたのではないでしょうか。

 不登校の子は、自分のなかの「しなければならないが、できない苦しみ」を抱えてしまうことがあります。

 朝、起きるというのは、簡単そうに見えますが、「行かなければ」に押しつぶされそうな子どもにとっては新たな負荷を強いることにもなってしまいます。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの気持ちが解らない時こそ「子どもを信じる」という方針を

523号 2020/2/1

「ふつうになりたい」と願う不登校の子に親ができること

522号 2020/1/15

「不登校の親の特徴とは」現場で働く人から言えること

521号 2020/1/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...