不登校新聞

526号 2020/3/15

かがり火

2020年03月13日 09:38 by kito-shin

 新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、学校も休校措置が続き、子どもたちもストレスがたまっている。それでも子どもたちは、この状況下でも何とか時間をすごしているようだ。

 子どもが子どもらしい時間をすごして成長していくというのは、子どもが大人へ成長していくために必要なことだ。

 子どもは自分が弱い立場にあることをよく知っている。一人ではけっして生きていけないこと、体力も弱く、置き去りにされたり、捨てられたりすることをもっとも怖れている。

 子どもの権利条約には、子どもの最善の利益という言葉がよく登場してくるが、大人が考える最善の利益と子どもが望む最善の利益は、時に対立することもある。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

551号 2021/4/1

森の喫茶店 第551号

551号 2021/4/1

ひといき

550号 2021/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...