不登校新聞

526号 2020/3/15

「少しの間、学校へ行けなかった」そんな私も不登校なのだろうか

2020年03月13日 12:21 by motegiryoga

 今回執筆したのは、池知未佑さん。中学1年のときに1カ月ほど学校へ行けなくなった池知さんに、「当事者」という言葉について思うことを書いていただいた。

* * *

 「当事者」ってなんだ?

 私は『不登校新聞』を読むようになってから「当事者」という言葉を初めて知った。

 私は不登校をしていたから「不登校当事者」なのだろう。でもこの言葉が、どうもしっくりこないのだ。

 「子ども若者編集会議」などの不登校の人が集まる場所で、参加者の不登校経験を聞くと、みんな不登校・ひきこもり期間が長い。

 「小6から中3まで学校へは1回も行っていない」とか、「8歳から断続的に20代中盤までひきこもっていた」など。

 私はと言えば、不登校だったのは1カ月間だけ。中学1年で学校へ行けなくなり、そのあいだは家にいたり、父の仕事場に行ったりしていた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

教室へ入れず保健室に登校してた私が、保健室の先生になるまで

535号 2020/8/1

給食が食べられなかった私、先生からの言葉で不登校に

535号 2020/8/1

「誰も助けてくれず心が壊れた」私が不登校になった理由

535号 2020/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...