不登校新聞

526号 2020/3/15

「少しの間、学校へ行けなかった」そんな私も不登校なのだろうか

2020年03月13日 12:21 by motegiryoga

 今回執筆したのは、池知未佑さん。中学1年のときに1カ月ほど学校へ行けなくなった池知さんに、「当事者」という言葉について思うことを書いていただいた。

* * *

 「当事者」ってなんだ?

 私は『不登校新聞』を読むようになってから「当事者」という言葉を初めて知った。

 私は不登校をしていたから「不登校当事者」なのだろう。でもこの言葉が、どうもしっくりこないのだ。

 「子ども若者編集会議」などの不登校の人が集まる場所で、参加者の不登校経験を聞くと、みんな不登校・ひきこもり期間が長い。

 「小6から中3まで学校へは1回も行っていない」とか、「8歳から断続的に20代中盤までひきこもっていた」など。

 私はと言えば、不登校だったのは1カ月間だけ。中学1年で学校へ行けなくなり、そのあいだは家にいたり、父の仕事場に行ったりしていた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学級委員だった僕が不登校になったのは「宿題が終わらない」でした

526号 2020/3/15

私は「かわいそうな人」ですか、不登校で苦しんだ少女の訴え

526号 2020/3/15

「みんなできるのに何でできないの」母に言われたくなかった一言

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...