不登校新聞

526号 2020/3/15

「少しの間、学校へ行けなかった」そんな私も不登校なのだろうか

2020年03月13日 12:21 by motegiryoga

 今回執筆したのは、池知未佑さん。中学1年のときに1カ月ほど学校へ行けなくなった池知さんに、「当事者」という言葉について思うことを書いていただいた。

* * *

 「当事者」ってなんだ?

 私は『不登校新聞』を読むようになってから「当事者」という言葉を初めて知った。

 私は不登校をしていたから「不登校当事者」なのだろう。でもこの言葉が、どうもしっくりこないのだ。

 「子ども若者編集会議」などの不登校の人が集まる場所で、参加者の不登校経験を聞くと、みんな不登校・ひきこもり期間が長い。

 「小6から中3まで学校へは1回も行っていない」とか、「8歳から断続的に20代中盤までひきこもっていた」など。

 私はと言えば、不登校だったのは1カ月間だけ。中学1年で学校へ行けなくなり、そのあいだは家にいたり、父の仕事場に行ったりしていた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

勉強を無理強いせず、本人の自信につながるサポートを目指して

564号 2021/10/15

他人の目がずっと怖かった。不登校を経験した私が今思うこと

564号 2021/10/15

小学4年で不登校に。僕が行きたくないと言った理由

563号 2021/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

564号 2021/10/15

不登校になったら勉強はどうするのか。学校との付き合い方はどうするのか。周囲...

563号 2021/10/1

理由も言わずに「学校へ行きたくない」と伝えた小学校4年生当時。中学校1年生...

562号 2021/9/15

3人のホームエデュケーションで育ててきた原田雅代さんにお話を伺ってきました...