不登校新聞

526号 2020/3/15

私は「かわいそうな人」ですか、不登校で苦しんだ少女の訴え

2020年03月13日 12:20 by motegiryoga

 私は中学2年で不登校になりました。生まれつき発達障害があり、コミュニケーションが苦手、こだわりが強い、衝動性や不注意、感覚過敏などの特性があります。

 そして現在、うつ病も患っています。私は今19歳になりますが、最近どうしても気になることがあります。

 それは「かわいそう」という言葉です。

 親戚も友だちも、私のことを「かわいそう」と言うのです。学校へ行けないことって、そんなに、かわいそうなことなのでしょうか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学級委員だった僕が不登校になったのは「宿題が終わらない」でした

526号 2020/3/15

「少しの間、学校へ行けなかった」そんな私も不登校なのだろうか

526号 2020/3/15

「みんなできるのに何でできないの」母に言われたくなかった一言

526号 2020/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...