不登校新聞

528号 2020/4/15

かがり火

2020年04月13日 11:30 by kito-shin

 WHOが新型コロナウィルス感染のパンデミック(世界的大流行)宣言をするなか、日本も感染拡大、医療崩壊の危機、経済と生活の不安が迫る。

 藤田医科大岡崎医療センターはクルーズ船の集団感染乗客等を受けいれ、院内感染防止の徹底と、絵本「コロナウィルスってなんだろう」の発行などで地域の人々の病気と医療への理解と信頼と協力を得た。地域の感染不安への適切な実践例だ。

 感染症患者への偏見と差別的隔離の悲惨な過ちであったハンセン病の歴史を忘れてはならないと改めて思う。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

先生も指導も職員室もない「公立フリースクール」の実践を紹介

531号 2020/6/1

一進一退の状況のなかで 不登校の歴史vol.531

531号 2020/6/1

かがり火

531号 2020/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...