不登校新聞

533号 2020/7/1

「学校に行きたくない君へ」17人の著名人が語る不登校とは【書籍紹介】

2020年06月30日 14:08 by koguma

 全国不登校新聞社が出版した『学校に行きたくない君へ』の続編となる『続 学校に行きたくない君へ』が7月14日に出版されます。

 本書に登場するのは17人。落語家の立川志の輔さん、詩人の谷川俊太郎さんなど『不登校新聞』を長年購読していただいている方には懐かしのインタビューから、絵本作家のヨシタケシンスケさんやタレントの中川翔子さんなど、最近掲載されたものなど幅広く1冊に収めました。
 
 本書の特徴は2つ。ひとつは、マンガ「学校に行きたくないわたしの気持ち」が4本収録されていること。インタビューを行なった子ども若者編集部のメンバーはなぜ学校へ行かなくなったのか。自分の思いを自分の言葉でぶつけた返答にどんなことを感じたのか。インタビューを終えた本人の気持ちはどう変わったのか。

 マンガを読み、インタビュー時の質問の裏側にある子どもの思いに触れると、最初に読んだときとはまた異なる印象を受けるのでは、と思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

精神薬の「やめ方」と使い方を児童精神科医が解説【書籍紹介】

551号 2021/4/1

ちゃんとした大人にならなきゃ、不登校その後の「呪い」が晴れるまで【書籍紹介】

550号 2021/3/15

フリースクール「りんごの木」、30年の歩みを1冊の本で紹介

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...