不登校新聞

536号 2020/8/15

親の会で『お母さんも楽しんで』と言われても楽しみ方がわからなかった

2020年08月13日 09:31 by kito-shin
2020年08月13日 09:31 by kito-shin

 わが家には自称「自宅警備員」が2人います。節約家でロン毛の「にぃに」、おしゃれと居間が大好きな妹。彼らと私と主人の4人で暮らしています。

 娘は明るくて集団が不得意な子です。小3のなかごろには、私は娘が学校へ行きたがるときにしか登校させなくなっていました。無理やり学校へ連れ出されることがなくなり、娘は元気を取り戻しました。

 そんなころ、小5の息子の元気がなくなり始め「このままでは息子まで行けなくなってしまうかも!」と、とても不安になりました。

 そして、ネットで検索しまくり「不登校の親の会」を見つけ、勇気を出して参加しました。そこには同じような経験をされたお母さん、子どもを支援する立場の方がいました。

初めての親の会で

 私は話を聞いてもらい、共感してもらい少し安心しました。先輩ママさんのお子さんが「進学した」、「結婚した」と聞き、また少し安心しました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「私はずっと孤独でした」不登校の悩みを共有できる味方が見つからず苦しんだ母親に訪れた転機【全文公開】

619号 2024/2/1

「生活費の不安で押しつぶされそう」2人の息子が不登校したシングルマザーが限界の日々を抜け出せた理由【全文公開】

616号 2023/12/15

「あなたの味方だよ」かつて不登校だった私が、母親として不登校のわが子に伝えたこと

616号 2023/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…