不登校新聞

536号 2020/8/15

親の会で『お母さんも楽しんで』と言われても楽しみ方がわからなかった

2020年08月13日 09:31 by kito-shin
2020年08月13日 09:31 by kito-shin

 わが家には自称「自宅警備員」が2人います。節約家でロン毛の「にぃに」、おしゃれと居間が大好きな妹。彼らと私と主人の4人で暮らしています。

 娘は明るくて集団が不得意な子です。小3のなかごろには、私は娘が学校へ行きたがるときにしか登校させなくなっていました。無理やり学校へ連れ出されることがなくなり、娘は元気を取り戻しました。

 そんなころ、小5の息子の元気がなくなり始め「このままでは息子まで行けなくなってしまうかも!」と、とても不安になりました。

 そして、ネットで検索しまくり「不登校の親の会」を見つけ、勇気を出して参加しました。そこには同じような経験をされたお母さん、子どもを支援する立場の方がいました。

初めての親の会で

 私は話を聞いてもらい、共感してもらい少し安心しました。先輩ママさんのお子さんが「進学した」、「結婚した」と聞き、また少し安心しました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校へ行ってくれたらな」息子の不登校から1年、迷い続ける母の本音

583号 2022/8/1

不登校の息子の対応で夫婦が同じ方向を向くようになったきっかけ

579号 2022/6/1

母・支援者として見てきた不登校の20年、親子で大丈夫と思えるために必要なこと

578号 2022/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…