不登校新聞

536号 2020/8/15

小2から不登校だった私。「失敗」を重ねたら生きやすくなった

2020年08月15日 12:32 by kito-shin
2020年08月15日 12:32 by kito-shin

 小学生から不登校だった喜久井ヤシンさんは、「失敗を体験したこと」によって生きやすくなったと言う。喜久井さんにとって「失敗体験」とはどんなものなのだろうか。執筆いただいた。

* * *

 「不登校でも成功できる。だから大丈夫」というメッセージをよく目にする。でも、私はむしろ、「不登校でも失敗できる。だから大丈夫」と伝えたい。

 成功体験の大切さはよく言われるが、失敗体験の大切さはあまり言われない。私は小学2年生から不登校なのだが、自分に欠けていると思うものがいくつかある。学歴や基礎学力、それと「失敗の体験」だ。

 学校へ行けなかった私は学校で得られたかもしれない「失敗体験」にあこがれがある。

 友だちとの関係がうまくいかなかったり、テストで思った点数が取れなかったり、授業で大事な場面にかぎってミスをしたり。

 「失敗」というとネガティブなイメージを抱きがちだが、失敗には大きな意味があると私は思う。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

中学は生徒会長、高校は不登校 苦しさの根底にあった父親の呪縛

591号 2022/12/1

不登校で不安障害だったサッカー選手が不登校の子に伝えたいこと

591号 2022/12/1

【全文公開】小中高すべてで不登校した私が高認に合格するまでの10年間

590号 2022/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…