不登校新聞

591号 2022/12/1

フリースクールは何を基準に選べばよいか 6つのポイントを紹介する1冊

2022年11月28日 16:33 by kito-shin
2022年11月28日 16:33 by kito-shin

 「フリースクールを探してみよう」と思ったとき、フリースクールの良し悪しやかかる費用など、何を基準に選んだらよいか迷ったことはありませんか?フリースクールを考えたとき最初に読むべき1冊をご紹介します。

* * *

 今回ご紹介するのは、「フリースクール」について、弊社代表理事の石井志昂が自身の経験と20年以上に及ぶ取材をふまえてまとめた1冊です。文部科学省の調査によると、フリースクールは全国に約500カ所あり、約4200人の子どもが通っているとされています。しかし、不登校が20万人を超えた今、数として足りているとは言い難く、またフリースクールを必要としている人に情報が届いていないという実状もあります。

 そうしたなか、フリースクールの良し悪しについて、何を基準に選べばよいのか。本書では、大切な視点として以下の6つを挙げています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「つぎに生まれるなら虫がいい」学校に苦しむ子どもの本音に触れる一冊

595号 2023/2/1

子どものSOSをどうキャッチすればよいか【書籍紹介】

594号 2023/1/15

不登校その後の学びの場を網羅 学校以外の選択肢がわかる1冊

592号 2022/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…