不登校新聞

356号(2013.2.15)

第3回「親は一番身近な社会」

2014年02月13日 15:34 by kito-shin


◎連載「ひきこもるキモチ」

 自殺未遂で精神科に入院したあと、以前から通っていたメンタルクリニックで、両親は医者と1時間ほどじっくり面談した。クリニックから帰ると、妙に優しく「先生には時間がかかると言われた」とだけ言い、その後しばらくはとやかく言ってくることはなかった。

 僕はその反応を見て、少し拍子抜けしてしまった。わが家は、風邪をひくと露骨にいやな顔をして、「日ごろの体調管理が悪いからだ」と言い放って、ろくに心配もしない家だった。働けずに精神病院に入院するなんて、よっぽど責められるにちがいないと思ってたからだ。父は独善的なところが強いが、一方、権威には弱いところがあり、医者の言うことだから納得できたんだろう。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...