あらたまった場所に出かける必要があって、新しい靴を履いていくことにした。前日履いて出かけたら痛くて、結局、別の靴にした。

 靴が足に合わなければ当然、足に合う靴に変える。靴に合わない足を叱る人はいない。足に合う靴をつくる人もいるだろう。

 学校と子どもはどうだろうか。学校は子どものためにあるのだが、子どもが学校に合わない、合わせられない場合、子どもの問題行動とされる。子どもに合う学校にしよう、という発想が一般にはあまりない。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。