不登校新聞

260号(2009.2.15)

かがり火 多田元

2014年04月17日 15:04 by nakajima_


立春が過ぎ学校がいっせいに卒業式を迎える3月が近づくと義務教育とは何だろうと考えさせられる。

 中学校を卒業した思春期の子どもたちが、9年間義務教育を通じて何かができる自分の可能性を発見したのではなく、「どうせできない自分」という意識を刷り込まれ、低い自己評価しか持てないことに気づかされることが多い。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

公的機関における支援 不登校の歴史vol.476

476号 2018/2/15

不登校の人へ春がそこまで来ていることを伝えたい

476号 2018/2/15

今年5月で「不登校新聞」が20周年を迎えるということは【編集後記】

476号 2018/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

476号 2018/2/15

担任も「お前、いじめられているんじゃないか」としょっちゅう聞いてくるんです...

475号 2018/2/1

今回取材した不登校経験者は、小学2年生から中学2年生まで不登校だった17歳...

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...