不登校新聞

260号(2009.2.15)

Q&A 「こもっていた娘の“働きたい”」

2014年04月17日 15:36 by nakajima_

 Q.15歳になる娘はこの4年ほど、ほとんど家から出たことはありませんが、この春から「働きたい」と言っています。しかし、働き先は私と同じ職場がいいと言っています。正直に言えば、娘が職場にとけ込めればいいのですが、うまくやれずに迷惑をかけたら、どうしようと不安に思っています。

 A.働くという意味には、お金を稼ぐとか、やりがいとか生きがいがあるという大きな目的があると思いますが、娘さんの場合には、どちらの意味が大きいでしょうか?ときには、働くということが誰かの承認を求めるという場合もあるのではないかと、私は考えることがあります。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

夏休み中、不登校の子にしてはいけない約束とは

487号 2018/8/1

知らないと損する?「高認」のメリットと注意点

479号 2018/4/1

新学期目前は親も子もざわつく時期、臨床心理士が解く「子どもの葛藤」の支え方

478号 2018/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...

489号 2018/9/1

気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするよう...

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...