不登校新聞

260号(2009.2.15)

Q&A 「こもっていた娘の“働きたい”」

2014年04月17日 15:36 by nakajima_

 Q.15歳になる娘はこの4年ほど、ほとんど家から出たことはありませんが、この春から「働きたい」と言っています。しかし、働き先は私と同じ職場がいいと言っています。正直に言えば、娘が職場にとけ込めればいいのですが、うまくやれずに迷惑をかけたら、どうしようと不安に思っています。

 A.働くという意味には、お金を稼ぐとか、やりがいとか生きがいがあるという大きな目的があると思いますが、娘さんの場合には、どちらの意味が大きいでしょうか?ときには、働くということが誰かの承認を求めるという場合もあるのではないかと、私は考えることがあります。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校に「なんで行きたくないの」と聞くのが地雷である理由 『不登校新聞』記者コラム

474号 2018/1/15

子どもがゲームばっかりになる2つの理由をご存知ですか?【不登校新聞・記者コラム】

471号 2017/12/1

不登校からの進路選択 言えない重圧と親にできる支え

470号 2017/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...