不登校新聞

524号 2020/2/15

「学校」に関連する記事

母が「変わった」とわかった日、不登校だった私が見てきたこと

【解説】 子どもから見て「親が変わった瞬間」を描いてもらいました。もっと言えば、子どもから見て「親は私の味方だ」と感じられた瞬間です。 親の行動である「不登校を隠さないこと」...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 520号 2019/12/15

学校へ行けない私を支えたのは、トイレにこもっている時間でした

【解説】 押入れに閉じこもり、トイレに閉じこもる。周囲からすればギョッとする行為でも、本人にとっては大事な時間・場所であることも多いものです。 マンガに出てくる子は小学生のと...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 519号 2019/12/1

「息子がやっと笑顔になった」父親が歩んできたわが子の不登校

【解説】 お父さんが帰ってきた瞬間にタンスに隠れるなんて、ウソみたいな話ですが、不登校に長くかかわってきた人ならば「珍しい話ではない」と断言するはずです。 お父さんと不登校を...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 518号 2019/11/15

中学生で自殺未遂までした私を支えてくれた親の一言

【解説】 漫画に登場した女性ですが、実際には「死にたい」と思うだけでなく、リストカットや自殺未遂をするなどもしていました。彼女自身を追い詰めたのは、学校のいじめでした。 いじ...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 515号 2019/10/1

学校どころか起床すらムリ。私の昼夜逆転が始まってから終わるまで【漫画】

【解説】昼夜逆転はどうして? 本連載では当事者の経験を漫画化してお届けします。今回は昼夜逆転。自分自身や家族との関係の「折り合い」をつけるため、多くの子が通る道が「昼夜逆転」...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 514号 2019/9/15

学校へ行けない僕の心を救ったお父さんの一言

【解説】お父さんの言葉はなぜ救いになったのか 連載「学校に行けないみんなのキモチ」では、当事者の経験談を漫画化してお届けします。今回は不登校の男の子の心を救った「お父さんの一...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 513号 2019/9/1

学校との電話連絡でヘトヘトに、先輩お母さんが見つけた乗り切り方

連載「不登校あるある」vol.1 子どもが不登校になったとき、誰彼かまわず相談できるわけでもないため、一人で抱え込んで悩まれている親御さんもいらっしゃると思います。 でも、安...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 512号 2019/8/15

読者の声「これまた無神経」

「わが家の場合」(本紙191号掲載)のその後です。 4月に入学した三男の担任には手紙と電話で、これまでの経緯と私の気持ちをかなりお話しして、わかっていただいたかな、と感じまし...

  いいね!   shiko shiko from 194号(2006.5.15)

「学校と話すとホントに腹が立つ」校長と私のバトルレポート

2018年10月15日発行の本紙に寄稿した渡辺マミさん。渡辺さんのお子さんは「週3日だけ登校したい」との意向があった。その意向を伝えると、渡辺さんは学校から呼び出され、「毎日...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 494号 2018/11/15

「N中等部」19年4月開設へ「N校」と連携し一貫教育を提供

提供:学校法人角川ドワンゴ学園 「N高等学校」(以下、「N高」)を運営する学校法人角川ドワンゴ学園は9月13日、都内で記者会見を開き、「N中等部」という新スクール事業を、20...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 491号 2018/10/1

死にたくなったのは学校復帰したからです【当事者手記】

『不登校新聞』458号の「もう死にます、ごめんなさい」という記事を読んだ。そして石井編集長はツイッターで、この記事を紹介しながら「『ごめんなさい』と書かれた遺書を多く読んでき...

  いいね!   motegiryoga motegiryoga from 462号 2017/7/15

不登校数12万2255人 学校基本調査

2006年8月11日、文科省が発表した学校基本調査速報によると、昨年度の「不登校」を理由とする長期欠席者数(年間30日以上)は12万2255人(前年度比1103人減)だった。...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 200号 2006/8/15

中学校の不登校率は増加 文科省学校基本調査速報

2006年8月10日、文科省が発表した学校基本調査速報によると、昨年度の「不登校」を理由とする長期欠席者数(年間30日以上)は12万2255人(前年度比1103人減)だった。...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 201号 2006/9/1

【公開】学校基本調査とは

文科省が毎年行っている学校基本調査は、例年8月上旬に速報が発表され、詳細は11月末~12月にかけて発表される。8月発表は、来年度予算の概算要求の必要から、学校基本調査では、小...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 201号 2006/9/1

学校を週7日制へ 解放してしまおう 教育改革への提言

――学校をとりまく状況をどう見られていますか? これまで学校に対する親の要望は、だいたい「元気に通ってくれれば」程度のものでした。それが、右肩上がりの経済成長のなかで、学校に...

  いいね!   kito-shin kito-shin from 209号 2007/1/1

学校基本調査 長期欠席・理由別の推移

学校基本調査の速報によると、06年度の長期欠席者数の全体は小学校で6万1096人、中学校で13万5472人、合計19万6568人(8919人増)となっている。  不登校以外...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 224号2007.8.15

学校基本調査 不登校数増12万6764人に

07年8月9日、文科省は学校基本調査、児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査の速報を発表した。速報によると、昨年度の「不登校」を理由とする長期欠席者数(年間30日...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 224号2007.8.15

文科省調査 学校非公式サイト4万件弱

子どもが自分の通う学校の情報などをネットに書き込む「学校非公式サイト」について、文部科学省は08年4月15日、中学校と高校を対象に実施した初の実態調査の結果を公表した。見つか...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 242号(2008.5.15)

第2回 ヘンな校則、なぜあるの?

連載「学校のナゼ」  全号より始まった「学校のナゼ」。今回のテーマは「校則」。そのなかでも「頭髪」について取り上げることにする。  「校則」といえども、小学校のうちは、登...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 247号(2008.8.1)

生命の声に応えるには… 伊藤書佳

学校に戻ることを求められない「こどもの居場所」に、親から月謝を出してもらうことなく通える仕組みがあったらどんなにいいだろう。  学校に行っていなかった10代のころ、そう思っ...

  いいね!   nakajima_ nakajima_ from 247号(2008.8.1)

バックナンバー(もっと見る)

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...