不登校新聞

591号 2022/12/1

「教員」に関連する記事

フリースクールに通う不登校家庭に都が年最大12万円支給 調査協力を条件に

都内の公立小中学校に在籍しながらフリースクール通っている児童生徒やその保護者に対し、不登校の支援ニーズに関するアンケート調査に応じた場合、東京都が月1万円(年最大12万円)の調査…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 582号 2022/7/15

コロナ禍における学びのあり方は【各党の回答/衆院選2021】

質問:各党が考える「コロナ禍における学びのあり方」とは【自民】 コロナ禍にあっても、新しい時代の学びを支える教育環境を整備し、誰一人取り残すことなく子どもたちの学びを保障しなけ…

  いいね!   shiko shiko from 565号 2021/11/1

不登校の原因、本人と学校で回答に差がある現状を問い直したい

私は現在、大学院で教育学を学んでいる。先日、受講した「教員・心理職を目指す学生向けの授業」でスクールソーシャルワークの必要性が話されていた。「なるほどね」と聞いていると講師が急に…

  いいね!   shiko shiko from 565号 2021/11/1

県内100カ所以上の不登校の相談先を網羅、千葉県教委が冊子作成

パンフレットの表紙千葉県教育委員会は2021年3月、不登校児童生徒および保護者に向けたパンフレット「不登校児童生徒・保護者のためのサポートガイド~よりそい ささえ合う子どもの未来…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 554号 2021/5/15

不登校経験者が聞く先生のホンネ「不登校、どう思っていますか?」

イラスト・伊藤歩2020年12月20日に開催されたオンラインイベント「不登校経験者と教員が本音トーク 不登校の悩み先生の悩み」(弊社主催)のトーク内容を抄録する。当日は現役の学校…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 553号 2021/5/1

「学校は無理に行くところじゃない」と現役教員が思う理由

私は学校教員を約20年間勤めている。学校教育とは、子どもたちが学ぶことによって「自由」を獲得するためのものであると考えている。ここでいう「自由」とは、子どもたちが自分の力で考えな…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 552号 2021/4/15

「登校だけが目標ではない」都教委が不登校支援の方針を周知

冊子『未来を創るかけがえのない子供たちの自立に向けて』より編集部作成東京都教育委員会は1月、不登校児童生徒の支援のポイントをまとめた冊子を作成した。教職員と保護者に向けて作成され…

  いいね!   koguma koguma from 548号 2021/2/15

読者の声「学校復帰に自信をもつ教員」

『不登校を三週間でもどした』と豪語する本が、教育書専門の出版社から出版されました。著者は小学校の教員で、会社員から小学校教員になり、30人以上の不登校児童・生徒にかかわってきたそ…

  いいね!   shiko shiko from 189号(2006.3.1)

学校を週7日制へ 解放してしまおう 教育改革への提言

――学校をとりまく状況をどう見られていますか?これまで学校に対する親の要望は、だいたい「元気に通ってくれれば」程度のものでした。それが、右肩上がりの経済成長のなかで、学校に対する…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 209号 2007/1/1

第3回 理不尽な給食、学校行事…

連載「学校のナゼ」 今回の「学校のナゼ」は、08年8月2日~3日に行なわれた「夏の全国子ども交流合宿in佐賀」に参加していた14~21歳の子ども・若者どうしでミニ座談会をしたと…

  いいね!   none 匿名 from 248号(2008.8.15)

2016年の学校・教員問題

2016年の報道で目立ったのは、教師の子どもへの問題行動であった。1月、群馬で下級生への暴力を疑われた小6男子が、教師から暴力を受け、男児は壁に頭をぶつけ、床に倒れるなどしてケガ…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 449号 2017/1/1

不登校調査、回答担当の教員『見てない』との声も

今回の調査票実物写真 全国の「不登校数」や「不登校理由」などを取りまとめた「問題行動等調査」の結果が文科省より発表された(関連記事1)・(関連記事2)。2015年度に不登校…

  いいね!   shiko shiko from 447号 2016/12/1

【公開】「普通教育の多様な機会の確保に関する法律案」 国会上程間近、議論大詰め

フリースクール、夜間中学校の合同議員連盟総会のようす。 左から2番目が座長・馳浩議員 「義務教育の段階に相当する普通教育の多様な機会の確保に関する法律案」が大詰めを迎えて…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 417号 2015/9/1

【公開】多様な教育機会確保法(仮称)案、寄せられた声

2015年5月27日、フリースクール等議員連盟は、学校外の義務教育を法的に位置づける「多様な教育機会確保法(仮称)案」座長試案を発表。議員連盟は今国会中の成立を目指している。法案…

  いいね!   kito-shin kito-shin from 412号 2015/6/15

第1回 「学校のナゼ?!」

連載「学校のナゼ」 学校には校則など、さまざまなルールが存在する。しかし、目には見えない、学校独自の文化ともいうべき決まりごとが、いまだに残っていることも事実だ。なかには、非科…

  いいね!   none 匿名 from 246号(2008.7.15)

第6回 学校は閉ざされた場所

連載「学校のナゼ」 9月に入ると、不登校をする子どもたちが増え、さらに苦しさから自ら命を絶つ子どもたちのニュースが後を絶たない。そして、10月13日は体育の日。夏休みが明けた学…

  いいね!   none 匿名 from 251号(2008.10.1)

親の手記 両親ともに教師で娘が不登校に

教師の子どもに不登校が多いといわれる。両親ともに教師のわが娘は現在23歳、花の独身(彼氏一人)。御多分に漏れず、保育園時代から登園拒否・登校拒否をくり返してきた。高校卒業後、娘の…

  いいね!   none 匿名 from 252号(2008.10.15)

第7回 目に見えない縛り

連載「学校のナゼ」 今回の「学校のナゼ」は、本紙理事であり、東京シューレ葛飾中学校に務める木村砂織さんに執筆していただいた。 「『学校のナゼ』という連載をFonteでやってい…

  いいね!   none 匿名 from 252号(2008.10.15)

「学校に言論の自由を求めて!」開催

08年9月27日、東京都武蔵野市の武蔵野公会堂ホールで「学校に言論の自由を求めて!」が開催された。 2006年4月、東京都教育委員会は「学校経営の適正化について」の通知のなかで…

  いいね!   none 匿名 from 252号(2008.10.15)

第7回 「前へならえ」で自ら判断する子は育つのか

連載「学校のナゼ」 2面で連載していた「学校のナゼ」をリニューアルし、今号から3面にて連載を開始する。今回の執筆者は元小学校教員の湯本雅典さん。今号より5回に渡って、元教師とい…

  いいね!   none 匿名 from 253号(2008.11.1)

バックナンバー(もっと見る)

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…

588号 2022/10/15

不登校という同じ状況においても、娘と母で見えることはちがってきます。親子ゆえの…