『不登校かな?! と思ったときに読む本』著者:田中登志道(文)、小林裕美子(画)出版:佼成出版社/℡03-5385-2323

 不登校・ひきこもり関連の書籍を目の前にして、「気持ちはあるけどなかなか手が届かない」なんていうときはありませんか? そんなときにオススメしたい1冊です。
 
 本書はマンガエッセイ、つまり、マンガと短い文章によって、子どもの気持ちや望ましい親の対応について紹介しています。「学校と先生」「昼夜逆転」「甘えと幼児返り」「母親の気持ち」など、テーマは多岐に渡りますが、イラストが多いので、情報がスッと入ってきます。ちなみに、私は20分ほどで読み終えました。
 
 なかでも、私が興味深かったのは、「きょうだい関係」です。「私はがんばって学校に行っているのに弟ばかり楽をして」「お兄ちゃんばかり家で好きなことをしていてズルい」というように、不登校と「きょうだい」をめぐっては、昔から親の会などでよく話題にあがるテーマです。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。