不登校新聞

225号 2007.9.1

声「“教育制度”に思う」

2015年02月10日 14:50 by 匿名
2015年02月10日 14:50 by 匿名


 こんな教育制度だったらいいなあ、と考えてみました。でも夢物語じゃないです。実現している国があることについて書きます。

 とにかく、いまの制度じゃ、学校が一種の強制労働キャンプです。

 しかし、義務教育というのは、親が子どもを教育する義務ではあるけれど、かならずしも学校に行かせる義務ではありません。

 世界を見渡すと、学校に行かせずに、家庭で親が子どもを教育してもいい国は、アメリカの全州やイギリスをはじめとして、かなりあります。

 在宅教育が合法なら、そもそも不登校問題の発生のしようがありません。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

621号 2024/3/1

編集後記

621号 2024/3/1

『不登校新聞』のおすすめ

620号 2024/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…