不登校新聞

224号2007.8.15

かがり火 森英俊

2015年02月17日 13:52 by 匿名


 箱根の『星の王子様ミュージアム』から便りが届く。「昔、いちどは子どもだった、おとなの人に」というサン=テグジュペリのメッセージが添えてある。

 かつて不登校を経験した青年の母親からのもので、やがて息子が成長して、ようやく希望を見つけて社会に出ようとした矢先の自殺についての経緯が書かれていた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

581号 2022/7/1

編集後記

581号 2022/7/1

『不登校新聞』のおすすめ

580号 2022/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...