不登校新聞

413号 2015/7/1

書籍紹介 ディスレクシア(読字障害)当事者の手記

2015年06月30日 12:37 by kito-shin

『LDは僕のID —字が読めないことで見えてくる風景』(中央法規出版)

 「ディスレクシア」ってご存知ですか?「読字障害」や「読み書き障害」などと訳される学習障害(LD)の一種です。「文字がゆがんだり、にじんだり見える」「枠内に文字を書くのが苦手」などの特徴があり、映画監督・スティーブン・スピルバーグも自身そうであったと告白したのは記憶に新しいところです。
 
 著者の南雲明彦さんは21歳のときに「ディスレクシア」と判明しました。それまでのあいだ、不登校、うつ病、自傷行為、強迫神経症、精神病棟の入院など、数々の生きづらさと向き合ってきました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

伝説の娼婦「ヨコハマメリー」【映画評】

195号(2006.6.1)

まんじゅうプロブレムが怖すぎる “今のPTA問題”をまとめた一冊

494号 2018/11/15

“「いじめ」と「いじり」の違いは?” 書評

208号 2006/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...