不登校新聞

213号 2007/3/1

不登校大分ネットが10周年

2015年10月21日 12:31 by kito-shin
 1997年に「不登校を考える大分県ネットワーク」は生まれました。
 
 会員は200名を超え、これまでに例会を34回(累計1322名参加)、教育講演会を4回(累計1458名参加)開いてきています。例会は、通常親の会では企画のできない「子どもシンポジウム」や「不登校の子どものための高校進学相談会」「不登校を考えるパネルディスカッション」などを行ないます。ほかに相談活動や不登校の団体との懇談会をしたりして、多くの方々と不登校について考えてきました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校、ひきこもりの人が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

533号 2020/7/1

不登校・ひきこもりイベント情報

533号 2020/7/1

全国のフリースクール・フリースペース、訪問支援団体等の一覧

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...