不登校新聞

213号 2007/3/1

不登校大分ネットが10周年

2015年10月21日 12:31 by kito-shin
 1997年に「不登校を考える大分県ネットワーク」は生まれました。
 
 会員は200名を超え、これまでに例会を34回(累計1322名参加)、教育講演会を4回(累計1458名参加)開いてきています。例会は、通常親の会では企画のできない「子どもシンポジウム」や「不登校の子どものための高校進学相談会」「不登校を考えるパネルディスカッション」などを行ないます。ほかに相談活動や不登校の団体との懇談会をしたりして、多くの方々と不登校について考えてきました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の相談先「親の会」とイベント情報

553号 2021/5/1

不登校経験者が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

553号 2021/5/1

オンラインイベント「世界一受けたい授業で伝えきてなかった事、お伝えします」開催&出演のお知らせ

552号 2021/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...