不登校新聞

213号 2007/3/1

タウンミーティング問題 市民が国に賠償請求

2015年10月21日 12:39 by kito-shin
 原告の「タウンミーティング訴訟を支える会」によると、「文化力親子タウンミーティング京都」開催の際、京都市教委がある二人の京都市民を参加させないよう主催者である内閣府に要請。これに応じた内閣府が当事者であり上述した訴訟の原告である蒔田直子氏をはじめとする数十名の市民の参加を妨害した。また、同TMに参加した中学生や高校生の一部に、事前に発言依頼がされていたという事実も明らかとなり、ほかに例を見ない、子どもたちをも巻き込んだ「やらせ問題」として、教育基本法改正審議で大詰めの参議院特別委員会でも取りあげられた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...