不登校新聞

213号 2007/3/1

タウンミーティング問題 市民が国に賠償請求

2015年10月21日 12:39 by kito-shin
 原告の「タウンミーティング訴訟を支える会」によると、「文化力親子タウンミーティング京都」開催の際、京都市教委がある二人の京都市民を参加させないよう主催者である内閣府に要請。これに応じた内閣府が当事者であり上述した訴訟の原告である蒔田直子氏をはじめとする数十名の市民の参加を妨害した。また、同TMに参加した中学生や高校生の一部に、事前に発言依頼がされていたという事実も明らかとなり、ほかに例を見ない、子どもたちをも巻き込んだ「やらせ問題」として、教育基本法改正審議で大詰めの参議院特別委員会でも取りあげられた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

現役ひきこもり940名に調査、浮かび上がる生きづらさ

528号 2020/4/15

抗うつ剤の使用上注意に「自殺の恐れ」 厚労省が製薬会社に明記を指示

189号(2006.3.1)

暴力的な「ひきこもり支援」は違法 名古屋市で集会

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...

530号 2020/5/15

緊急事態宣言の発出から1カ月。新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う自粛要請...

529号 2020/5/1

お子さんが「コロナが怖いから外へ出られない」と話すなら「お家にいるから大丈...