記事タイトル一覧

自分の将来が不安7割、内閣府

記事テーマ:ニュース

内閣府は3月30日、高等学校中途退学者の意識に関する調査結果を発表した。それによると、中退者の7割が「将来への不安感がある」と回答した。  特筆すべきは、「フリーターやパート」や「とくに何もして...

kito-shin kito-shin

原発社会を考える 第1回

記事テーマ:連載

福島原発事故は人災  東日本大震災によって起きた福島原発事故。いまなお事故収束にはいたっていない。原発は全国で54基。この原発社会を私たちはどう考えたらいいのか。まずは槌田敦さんに、福...

kito-shin kito-shin

漫画家・あずまきよひこさん取材後記

記事テーマ:当事者の声

助けてくれたマンガ  僕は中学校1年生の秋から半年間、自分の部屋からは、ほとんど出ない生活を送っていました。というのも、中学生になって部活の人たちとの関係がイヤになり、完全な人間不信になっていた...

kito-shin kito-shin

不登校の歴史 第314回

記事テーマ:連載

「大検」から「高認」へ①  2005年度(平成17年度)に、不登校に関する施策のいくつかが変わったと前号で述べたが、今回はその一つである「大検」が「高認」に変わった点を取りあげる。  ...

kito-shin kito-shin

ベーシック・インカム 第15回

記事テーマ:連載

家族形態、都市と農村の生活…あらゆる変化が  この連載もあと2回です。ベーシック・インカムのもたらす深い社会変化について、述べようと思います。  ベーシック・インカムで、家族に根底的な...

kito-shin kito-shin

市民団体の動きは、いま

記事テーマ:集会情報

連載「東日本大震災を考える~市民団体の動きは、いま~」では震災後、被災地支援にあたっているNPOなどの市民活動を紹介している。今号は今回の震災でも甚大な被害を出した宮城県にて活動しているNPO法...

kito-shin kito-shin

夏の全国合宿in高知開催へ

記事テーマ:集会情報

7月23日~24日にかけて、「登校拒否・不登校を考える夏の全国合宿」が行なわれる。今年の開催地は高知県。全国合宿が同地で行なわれるのは19年ぶり。  初日のプログラムは講演会やンポジウムが中心だ...

kito-shin kito-shin

かがり火

記事テーマ:連載

明日からゴールデンウィークという日に少年鑑別所に収容されて家庭裁判所の審判を待つ15歳の少年の附添人を引き受けた。審判は連休明けの日。私の連休は毎日彼と面接し、父母とも面接し、彼の気持ちを考える...

kito-shin kito-shin

ひといき

記事テーマ:ひといき

私はいま「エールノイローゼ」だ。この名前は私が勝手につけたのだけれど、理事がどこで聴いてきたのか、いきものがかりの「エール」という歌をえらく気に入って、CDを買ってきては車で事務所で延々とかける...

kito-shin kito-shin

バックナンバー(もっと見る)

457号 2017/5/1

「3学期になったらちゃんと行く」「中学に入ったらちゃんと行くから」そう家族...

456号 2017/4/15

心のなかにある「行ってくれたらいいな」という気持ちはなかなか消えないんです...

455号 2017/4/1

最初の薬は飲むと手がしびれてきて首が絞められているような感じさえありました...