チャイルドライン支援センター(以下・チャイルドライン)がまとめた「年次報告」によると、子どもたちからの電話の相談内容は「人間関係」がもっとも多いことがわかった。これで「人間関係」は5年連続トップとなった。 チャイルドラインは、子どもの電話相談を受けているNPO法人。年間7万件の電話相談を集計した「年次報告」は、子どもの声を直接、取り扱った国内最大規模の統計調査といえる。



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。