文科省が7月25日、小中学生の携帯所持の原則禁止などを求めた通知を出した。通知は、携帯電話の利用実態の把握や携帯の取り扱いに関する方針の明確化を求めており、本格的に小中学生の携帯電話の原則不所持が徹底される見通しとなった。

 08年6月「子どもを守り育てる体制づくりのための有識者会議」(主宰・池坊文科副大臣)が「第二次まとめ」を発表。学校非公式サイトやネットいじめ、出会い系サイト絡みの犯罪などを考慮し、携帯電話の取り扱いについて提言がされていた。今回の通知は、これを受けてのもの。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。