不登校新聞

207号 2006.12.1

声「強まる登校刺激」

2015年12月14日 15:18 by nakajima_

 先週ついにわが家の8歳の娘が不登校宣言しました。6年前、同じ歳で兄が不登校を始めたときとはうってかわって、学校側の対応は忙しくヴィヴィッドです。クラスの役員をしている妻には校長から、私には担任から「学校に来られそうですか? 直接本人とお話ししたいのですが」と、ほぼ毎日電話がかかってきます。どうやら最近は、登校刺激をまったく与えないのはよくない、という教条が娘の小学校では支配的なようで「引っ張ってでも」、「子どもは安楽な方向につく」という言葉を口にする教師と、冷静にくどくどと言い聞かせるように話しあいました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

長男の不登校、なにひとつムダなことはなかった【母親手記】

195号(2006.6.1)

親の笑顔が子どもの笑顔の近道、だから「遊ぶ親の会」をつくりました

496号 2018/12/15

高校進学に伴い姉妹とも身体に症状 危機を乗り切った原則とは

197号(2006.7.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

498号 2019/1/15

漫画家りゃこさんが、毎回、自身の不登校経験を漫画で解説する「私の不登校もの...

497号 2019/1/1

過去最多を更新した不登校と児童虐待。子どもたちを取り巻く状況にどんな変化が...

496号 2018/12/15

父がしてくれたことで、とてもうれしかったことがありました。不登校でひとり暮...