不登校新聞

207号 2006.12.1

かがり火 奥地圭子

2015年12月14日 14:42 by nakajima_

 文部科学大臣や教育長・校長など教育を預かる人が、いじめに苦しんでみずから死んでしまう子どもたちに向かって「命を大切に。君は一人じゃない」とコメントを発表するのは虚しい。

 子どもは、その大切なかけがえのない命まで捨てるしかない状況なのだから。孤立し、誰も何もしてくれない苦しさの極限なのだから。ほんとはこう言うべきだろう。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

半年後の国会審議再開 不登校の歴史vol.512

512号 2019/8/15

教育機会確保法の周知徹底を

512号 2019/8/15

京アニの事件に思う【編集後記】

512号 2019/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...

511号 2019/8/1

今も母親との関係に悩みを抱える元アナウンサー・小島慶子さん。同様の悩みを持...

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...